写真共有アプリInstagramの関連サービスコンプリートリスト

米国発のサービスながらいち早く日本でもブレイクしたインスタグラム。先日はユーザー数が500万人突破なんて話も出ており今後の成長が楽しみですが、今回は、インスタグラムの関連サービスを徹底的にまとめた記事をThe Next Webからご紹介。紹介数30以上、インスタグラムマニアのあなたでも多分知らないサービスがある? — SEO Japan

スターバックスのようなメジャーブランドが独自のアカウントを持っていると、そのアプリが主流になりつつあるのだと分かる。Instagramの人気を認めないわけにはいかない。実際には、このアプリは、アイドル歌手のジャスティン・ビーバーがInstagramを使ってLAの交通渋滞の画像を共有した時にさらに人気が出たようである。

ビーバーの渋滞の話はさておき、Instagramにはすでに700万人を超えるユーザー基盤があり、このサービス関連のサードパーティアプリの数は目覚ましい。Instagramは、それがスマートフォン写真アプリの勝ち組であることを証明し続けているのだ。

ここでは、Instagramアカウントと共に利用可能なたくさんのアプリとサイトのリストをまとめた。順不同である。

Instagramアカウントを管理する

Instagramにはこれと言ったWebインターフェースがないということが、恐らくユーザーの主な不満の1つだろう。幸運にも、素晴らしい代替品が数多く登場しており、自分自身のブラウザ上でInstagramの機能の全てもしくは一部を活用する機会を提供している。

Inkstagram

Inkstagramは、Instagramに欠けているWebインターフェースを提供する。あなたは、友達が投稿した写真を把握したり、それらにコメントしたり、新しくフォローする人を見つけたりすることができる。インターフェースは、‘あなたのフィード’、‘あなたの写真’、‘あなたのお気に入り’、‘Instagramで人気の写真’の4つのタブに分かれている。カテゴリごとの閲覧に加え、特定のタグで検索することもできる。ディスプレイは、画像サイズを小・中・大から選択して、自分の好みに合うように変更することも可能だ。

Pictarine

Pictarineは、自分のInstagram写真を、FlickrFacebookPicasaTwitterを含む他のオンラインサービスの写真と一緒に閲覧するユニークな方法を提供している。このプラグインをインストールすることによって、自分のInstagram写真を全てまとめてコンピュータにダウンロードすることもできる。Pictatineのもう1つの優れた機能は、自分の写真のスライドショーを作って、他の人と共有できることだ。プライバシーの設定も可能で、相手がInstagramを使っていなくてもいいのだ。

ExtraGram

ExtraGramも、自分のフィードや人気の写真を把握したりブラウザ内で他のユーザーとやり取りするための手段を提供してくれるサイトだ。Inkstagramのように、アプリ内にある全ての機能を提供すると共に、最も人気のあるタグや特集ユーザーなどを表示するDiscoverタブも提供する。

Webstagram

Webstagramは、自分のフィードを把握したり、Instagram上の最新人気写真を見させてくれる。特定のタグで検索したり、自分の写真を閲覧したり、他の人にリンクを共有したりすることができる。Webstagramは、ユーザーに「Photo of the Day(今日の写真)」のセクションに取り上げられる機会を与えることによってさらにもう一歩踏み込んでいる。自分の写真を投稿するには、#Photoofthedayでタグ付けするだけでいい。また、Webstagram上の写真をリストもしくはグリッド表示することも可能だ。

Gramfeed

Gramfeedは、全てのInstagramの機能をブラウザ内で簡単に機能させるWebインターフェースを提供する。Gramfeedのユーザープロフィールに追加されている優れた機能は、自分が写真を取った場所をマークした地図だ。Gramfeedがあれば、自分のストリームや人気の写真、自分のお気に入りや自分の写真を閲覧することができる。さらに、ロケーションやユーザー名やタグで写真を検索することも可能だ。

Carousel

Macユーザーは、Carouselを使ってInstagram体験をデスクトップに持ち込むことができる。このアプリは、すでにここThe Next Web で絶賛されている。このアプリでは、他のユーザーとやりとりしたり、写真にコメントしたり、写真をお気に入りに登録したり、他のユーザーをフォローしたりフォローから外したりすることが可能だ。自分のフィードを見るのはもちろんのこと、Instagaram上の最新人気写真を閲覧することもでき、それらをドラッグアンドドロップしてデスクトップ上に保存することも可能だ。

Flipboard

Flipboardでは、Instagaramのストリームを簡単に把握することができ、InstagalleryのようにiPadの大きなスクリーンを活用する。 Flipboard上の他のソースと同じようにストリームを見ることができ、お気に入りに写真を追加したり、それらにコメントしたり、EメールやFlipboardにプラグインしているソーシャルネットワークを介してそれらを共有することが可能だ。

Instagramを他サービスと連携する

Instagramは、あなたの写真をFacebookやFlickrやTwitterなどの他のサイトで自動的に共有してくれる。そのコネクションを強化もしくは改良することを目的とする追加サービスをいくつか紹介しよう。

InstaFB

InstaFBは、Instagramが提供しているよりももっと効率的な方法でInstagramとFacebookをコネクトする簡単な手段だ。あなたのInstagramアカウントをFacebookにコネクトしていると、あなたが新しい写真をInstagramに追加した時に、あなたのウォールにリンクを表示して友達に自動的に知らせる。InstaFBがFacebookアルバムを作成し、あなたがInstagramに新しい写真を追加する度に、そのアルバムはアップデートされる。

Gramjunction

Gramjunctionは、あなたがInstagramとFlickrで共有した写真を表示するための見た目に魅力的な手段を提供する。Flikrのユーザー名を入力するだけで、Gramunctionがそれらをあなたの個人ページに表示し、あなたはそれを他の人と簡単に共有することができる。

Instadrop

Instadropは、あなたの全てのInstagram写真をDropboxを使ってバックアップさせてくれる。この2つのサービスにコネクトした後には、あなたがInstagramに共有するいかなる写真も自動的にDropboxフォルダーにリアルタイムで保存されることになる。

InstagramをGoogle+につなげる

まだこれを実施する簡単な方法もしくは直接的な方法はないため、Edward BochesはInstagram写真をGoogle+のフォロワーにリアルタイムで共有するための次善策を思いついた。それは、デスクトップアプリPicasa、Dropbox、InstaDropのコンビネーションの形を取り、使用しているコンピュータが常にオンになっている必要がある。

Instagramで写真とユーザーを発見する

もし、Instagramアプリを使わずに新しいユーザーもしくは人気写真を発見したいのであれば、あなたがInstagramでフォローしたくなるような写真家を簡単に見つけさせてくれる素晴らしいサイトとiPadアプリがいくつか存在する。

Insta-Great

Insta-Greatは、Instagaramで人気の写真のスライドショーを表示する。サインインすると、自分のタイムラインや自分の写真を閲覧したり、お気に入りに写真を追加することもできる。

Heroku

Herokuでは、Instagram写真を検索することができ、特定のフィルターを使って取られた写真に限定した結果を見ることも可能だ。

Instagallery

Instagalleryは、1.99ドルのiPhone、iPad、iPadTouchアプリで、友達の写真の更新を把握したり、自分自身の写真やお気に入りを閲覧したりできる。Instagalleryは、iPadの大きなスクリーンで本領を発揮し、iPhoneより大きな画面を使ってInstagramを持ち歩くのに素晴らしい方法だ。自分の写真やお気に入りの写真を閲覧できるだけでなく、特定のタグで検索することも可能だ。写真はグリッドでも、さらにはiPadのスクリーンを最大限に生かす大きな画像でも閲覧できる。

Cartagr.am

Cartagr.amは、ロケーションを基にInstagram写真を閲覧させてくれる。このサイトは、あなたの現在のロケーションを検知してあなたの近くの写真を見せることも、自分で選択した特定のロケーションを検索することもできる。地図上でズームインとズームアウトができるが、表示された写真とコネクトする方法はない。あなたはそれらの写真をオリジナルのInstagramページで見たり、誰が撮った写真なのか知ることはできない。とは言っても、世界中のInstagramを使用した写真のかなりクールなビジュアルプレゼンテーションである。

InstaCat

InstaCatは最もニッチなInstagramウェブサイトの1つに違いない。それは、あなたの想像の通り、猫の写真だけを表示する。猫の写真を楽しみたい人にとって、InstaCatはInstagramの猫写真のスライドショーを見るのに行くべき場所だ。

InstaPuppy

もしあなたが犬派なら、InstaPuppyがInstagramで見つけた子犬の写真をあなたのブラウザに運んでくれるだろう。InstaPuppyには、子猫の姉妹サイトInstaKittyもあるので、猫派はこちらもどうぞ。

Instarium

Instariumは、MacとWindowsのPC両方にダウンロードできるフラッシュベースのスクリーンセーバーだ。スクリーンセーバーには、Instagram写真が連続して表示される。自分の写真をはじめ、フィード、お気に入りに入れた写真、それからただ単に人気の写真を閲覧するように設定することができる。ウェブサイト内の写真をクリックすると、その写真のInstagramのページへと誘導される。

Screenstragram

Screenstragramも、最新人気Instagram写真を表示するスクリーンセーバーだが、現時点ではMacのみダウンロード可で、Snow Leopard以降に対応している。

自分のInstagram写真のオンラインディスプレイを作成する

自分の写真をInstagramを使っていない他のユーザーと共有したい場合には、誰とでも自分のオンラインポートフォーリオを共有させてくれる無料サービスが少しだけある。

Instagrid

Instagridでは、とても洗練されたInstagram写真のオンラインギャラリーを作成することができる。あなたの写真は、小さな写真のグリッドとして表示されるか、大きな画像のリストとして表示される。ユーザーは、あなたが新しい写真をInstagramに追加する時にEメールでお知らせがきて見ることができるので、Instagramユーザー以外の人にあなたの最新の写真を把握してもらうにはいい方法だ。

Instagramからゲームを作る

Instagram写真をランダムに閲覧する面白い方法を求めているなら、その体験をゲームへと変えるサイトがいくつか存在する。

Instawar

Instawarは、Instagram写真からランダムに選んだ2枚を隣同士に表示して戦わせる。あなたは自分が好きな方の写真を選ぶか、相応しいと思う写真を選んで‘Make a pair’ボタンをクリックし、2枚組の作品を作るのだ。 あなたは、Instawarのtumblrにこのペア写真を投稿して他の人と共有することができる。

Pic-a-Fight

Pic-a-FightはInstwarと 似ているが、2枚組の作品を作るという機能がない。自分のInstagram写真にコネクトすることによって、混ぜ合わせの中に自分の写真を追加することができる。なぜそれをするのかって?一番投票の多かった写真はTop Picsのセクションに置かれるため、あなたのInstagram写真に少し注目が増えることを意味するのだ。

Instagram写真を使って製品や印刷物を作る

自分のInstagram写真の製品や印刷物を作成することが流行っているようで、それだけのためのサービスを提供するサイトがたくさんある。

Instaprint

Instaprintは、Instagramの人気の結果として現れた最高のアイディアの1つだ。もし特別なイベントやパーティーがあるなら、InstaprintのスペシャルInstaprintボックスルをレンタルしよう。各ボックスは、特定のロケーションもしくはハッシュタグと関連付けられているため、どちらかにタグ付けされた写真が自動的に印刷される。Instaprintは、写真撮影装置とポラロイドカメラの役割が1つになったようなものだ。

Instagoodies

Instagoodiesは、あなたのInstagram写真を使って作った1インチのステッカーの本を提供する。それぞれの本には、最大90のステッカーを入れることができ、値段は14ドル。Instagramのアカウントでログインし、どのステッカーを本に入れるか選んで注文する。Instagaram上に90枚の写真がなければ、同じ写真が繰り返し利用される。

Instamaker

Instamakerは、あなたのInstagram写真をTシャツやマグカップやポストカードにしてくれる。Instamakerでは、たった1枚だけの写真を使うことはできない。どのデザインも少なくとも3枚以上の写真から構成される。このサイトでは、あなたのInstagram写真を使ってモザイクを簡単に作成して、それを印刷したい製品を選ぶことができる。

Stickygram

Stickygramは、あなたのInstagram写真を冷蔵庫用マグネットに変身させる。9つの小さなマグネットのセットを作ることができる。残念ながら、もしあなたがStickygramを利用したくても、現在リクエストが殺到しているため、招待コードを待たなければならない。

Prinstagram

Instagram写真を印刷する方法を探しているなら、Printstagramが山ほどの優れた選択肢を提供してくれる。自分のInstagram写真を50~400枚まで大きなポスターに印刷することもできれば、お財布サイズのミニサイズや、小さなステッカー、ミニブックなどに印刷することもできる。

TeenyTile

名前が全てを語っている。TeenyTileは、Instagram写真を2インチ角の可愛らしい小さなセラミックタイルに変身させてくれる手段だ。Instagramから写真をインポートして清算するだけで手続きは完了だ。

Postagram

Postagramは、Instagram写真をポストカードとして送信してくれるiPhoneとアンドロイドとWebベースのアプリだ。自分のInstagram写真から好きなものを選んで、メッセージを追加し、自分で入力した住所にそれを送るのだ。

Artflakes

PrintasgramやInstagoodiesで作成できる小さなサイズのステッカーでは満足しない人は、ArtFlakesを使えば自分のInstagram写真の4インチのステッカーを注文することができる。

Keepsy

Keepsyがあれば、Instagram写真の立派なフォトブックを作成することができる。Instagramに加えて、このサイトでは、Picasa、Flickr、PicPlz、Facebookにも対応している他、コンピュータから写真をアップロードする機能も備えている。写真をドラッグ&ドロップして、それらの位置を変えて自分の好きな順番に画像を並べ変えることができる。FacebookやTwitter上の友人にこのフォトブックのデジタル版を共有することも可能だ。

HatchCraft Boo Box

HatchCraftでは、あなたのInstagram写真のURLを入力するだけでBoo Boxを作成できる。値段は19ドル。4インチサイズに印刷された写真は、立派な竹材のボックスに飾られる。

Instagram写真をバックアップする

自分のInstagram写真をクラウドにバックアップするためにInstadropを使うのとは別に、Instagram写真全部を自分のPCに一気にダウンロードするのを簡単にしてくれるサービスがいくつかある。

Instaport

Instaportは、あなたのInstagram写真をzipファイルで簡単にダウンロードでき、FacebookやFlickrにも直接エクスポートできる。

CopyGram

CopyGramはIntaportと同じように、全てのInstagram写真をzipファイルでダウンロードできるのに加え、自分のユーザー名の付いた覚えやすいバニティURLを提供してくれる。

InstagramのバニティURLを獲得する

あらゆるサービスと同様、友人やフォロワーをあなたのプロフィールページに送るのを簡単にするバニティURLを手にするのはとても素晴らしいことだ。バニティURLが欲しい人は、以下の例をチェックしよう。

CopyGramについてはInstagram写真のバックアップツールとしてすでに紹介した。CopygramでのバニティURLはこんな風になる:

copygr.am/username

サイト内に置くFollow Meボタンをユーザーに提供するのに加え、Followgram.meはInstagramプロフィールのバニティURLを以下のような形で提供する:

followgram.me/username

あなたにはお気に入りのInstagramサービスやサイトがあるだろうか?コメント欄で教えて欲しい。


この記事は、The Next Webに掲載された「The Complete List of Top Instagram」を翻訳した内容です。

いやはや、インスタグラムファンにはたまらない圧巻のリストでしたね。日本語版はカバーしていないので、どなたかご興味あれば。ここまでインスタグラムの関連サービスがあること自体全く知りませんでした。デベロッパーの琴線にふれる何かがあるのでしょうか?しかしこのインスタグラム、500万ユーザー突破で順調に成長中ともいわれていますが、実際のこの数字ってどうなんでしょうね。写真共有サービスとして考えると、思ったほど伸びていない印象も受けるのですが。一部の噂では日本人ユーザーが半分近くいるんじゃないか、という話もありますし、英語圏では記事にもありましたが先日のジャスティン・ビーバーの騒ぎで有名になった位ですからまだまだ市民権は得ていないのかなぁと。技術的には対したことがないだけに(突出した何かがあるわけではない話ですけど)、早い段階で圧倒的に普及させておかないと尻すぼみになってしまうリスクがある気もします。

いきなり数十億円の出資を受けて登場したまでは良かったのですがその後パットしないColorといい、スマートフォンの写真アプリは中々難しいのですかね。従来型の写真共有サービスでflickrやphotobuckectなど数千万以上ユーザーを抱えるサービスもありますし、まだまだスマートフォン系の写真アプリは一部のユーザーの遊びの域を出ない感じですかね。とはいえ、スマートフォンを通じた写真サービスの可能性は大きいと思いますし、今後に期待しましょう! — SEO Japan

Page Top

投稿ナビゲーション