シリコンバレーの外にスタートアップエコシステムを作ること

先日、ヨーロッパのスタートアップがシリコンバレーで資金を調達するべきではない理由という記事を紹介しましたが、ではシリコンバレー以外でスタートアップシーン、時にエコシステムとして機能する環境をつくることは可能なのでしょうか?カナダのモントリオールで起業家兼投資家として活躍する筆者が自身の経験を踏まえた記事ですが、まさにそんなエコシステムを作ろうと頑張っている東京を中心とした日本にとっても気づきがある内容の記事。 — SEO Japan

続きを読む

リーンスタートアップと資金調達、どの選択が正しいか?

リーマンショック以降の不況を受けて米国で一気に普及した「リーンスタートアップ」のスタートアップモデル。日本でも普及を見せ始めていたようですが、最近は逆に株価や景気が回復しつつある影響でかつて無かったスタートアップへの大型投資が加速化しているせいか、ブームにまでは至っていないようです。競合他社や知り合いのスタートアップ経営者が資金調達に成功したと聞くとそれだけで負けた気分になってしまう人もいるかもしれませんが、資金調達はあくまで始めの一歩、事業が成功するかどうかは全くの別問題。また投資家が参入することでデメリットも存在するわけですし、リーンスタートアップでフットワーク軽く突き進んでいった方が成功の確率が高まる可能性もあるでしょう。今回はそんなリーンスタートアップと最初から資金調達を狙うモデルを比較してみた記事をカナダの起業家兼投資家が語ります。 — SEO Japan

続きを読む

普遍的問題はソリューションで解決できない

4月に入り新社会人も街や会社に溢れ(私の会社は新卒はいませんが・・・)、新たな事業や製品サービス、スタートアップを立ち上げようと燃えているウェブ業界人の方も多いことでしょう。新しい製品サービス、スタートアップを立ち上げる時に「それが何の課題解決をするソリューションに成り得るのか」について明確な答えがあることが重要とはよくいわれることですが、この議題を突き詰めていくとニッチな課題を飛び越えて普遍的な問題にぶち当たってしまうことがよくあります。仮にその問題を解決できればまさにイノベーションを起こせるかもしれず、思わず興奮してしまう人も多いと思いますが、簡単に物事がうまくいくわけでもなく。。。今回はそんな課題解決ソリューションの意義と意味について一歩深く考えた記事を。 — SEO Japan

続きを読む

ピボットの決断 – すべき時と止める時

ピボットという言葉をご存じでしょうか?スタートアップ界隈では一般用語化してきたこの言葉ですが、簡単にいえば当初のビジネスモデルや製品サービスを市場や顧客の反応に応じて転換していくことです。最初に考えたプラン通り、スタートアップや新規事業がスムースに成長することは滅多にないですし、いかに状況を見極め必要に応じてピボットしていけるかどうかはスタートアップにとって生死の分かれ目でもあり小さくまとまるか大きく拡大できるのかの差にもつながるでしょう。とはいえ、なんでも安易にピボットすれば良いというものでもないでしょうし、新しい市場を開拓するには我慢やこだわりも大事です。今回はそんなピボットのタイミングについて考えたスタートアップや新規事業に関わる人に興味深い記事を。 — SEO Japan

続きを読む

スタートアップ支援プログラムの未来

世界的なスタートアップで米国はもちろん日本でも多数のスタートアップアクセラレータ(スタートアップ支援プログラム)が登場しているようです。もちろんそこから実際に成功を勝ち取るスタートアップもあるでしょうし、より多くの成功者を出す支援プログラムもあれば、結果を出せない支援プログラムもあることでしょう。今回はそんなスタートアップ支援プログラムの未来について考えた記事を自らスタートアップ支援プログラムを運営する筆者が語ります。 — SEO Japan

続きを読む

リーンスタートアップへの大いなる批判

日本でも最近発売になったスタートアップ必読の書ともいわれる「リーンスタートアップ」、米国では書籍自体は1年以上前に発売され、それ以前からリーンなスタートアップを実践している起業家は数多くいます。今時のスタートアップはリーンに始めるのが最良、とリーンスタートアップがもてはやされる一方、リーンスタートアップに対する批判の声もちらほらあるのが最近の米国ベンチャー界隈。そんな声からバズワード化しつつある言葉に踊らされずスタートアップのあるべき姿を考えてみませんか。 — SEO Japan

続きを読む

リーンスタートアップにあるたった1つの絶対負けられない戦い

色々ごちゃまぜになったタイトルで恐縮です。最近流行のリーンスタートアップ、気軽に始められるし余計なしがらみもないし言葉もオシャレだし良いことづくめ、、、な気もしますが、始めるのはともかく継続的に続けて事業に成長させられるかどうかは別問題ですよね。そこまで分かっているあなたのために、今回は真剣に生き残りたいリーンスタートアップが考えるべき問題を連続起業家(シリアルアントレプレナーを日本語でいうとこうなるみたいです)の筆者が、ずばり語ります。 — SEO Japan

続きを読む

スタートアップの立ち上げプロセスを愛しく思えるか?

日本でもスタートアップが少しずつブームになりつつあるようですが、実際にスタートアップを立ち上げるプロセスは大変なのは事実です。「ちょっといけてるウェブサービスを立ち上げる」ことはあくまで始まりに過ぎず、その後売上が上がるサイトに育て(上がらない場合は他の収益確保の手段を獲得し)、人を雇い、契約書の整備をして、、、スタートアップにはスタートアップならではの様々な乗り越えるべき壁が待っています。もちろんそんな壁を乗り越えていくことがスタートアップの醍醐味でもあるのですが、今回は改めてスタートアップの厳しさについて語った記事をスタートアップに夢ばかり見ているかもしれないあなたに。 — SEO Japan

続きを読む

スタートアップに必要な盲信について気をつけるべきこと

日本でもスタートアップがちょっとしたブームになりつつありますが、一時の勢いで始めるのは簡単ですが、それを長く続けて微調整しながらちゃんとした事業に育てていくのは大変な道のりなのもまた事実。その過程で必要な要素が「これは絶対に成功する!世の中の革命を起こす!」というスタートアップのある種の盲信。例え他人に「バカじゃない?」と思われようが、その盲信があってこそ、苦しみを乗り越えて事業を続けていけるんですよね。同時に、盲信に囚われすぎても本来やるべき道を見極め、失敗のトラップに陥るなんてことがありえるのも悲しい現実。今回はそんなスタートアップの盲信と賢くつきあう方法をシリアルアントレプレナーの筆者が語ります。 — SEO Japan

続きを読む

スタートアップがビジネスモデル・ハッカソンを行う方法

ハッカソンという言葉は日本ではまだ余り馴染みがないかもしれませんが、「開発者が一同に集まって短期集中型でアイデアを出し合ってコーディングする」イベントのようなものでしょうか。日本でも少しずつ行われるようになってきたみたいですが、海外ではハッカソンは決して技術者だけのものではなく、スタートアップやベンチャー起業家の間でも行われるようになりつつあるようです。今回はそんなスタートアップ向けのハッカソンの方法を紹介します。 — SEO Japan

続きを読む