スティーブ・ジョブズが私に教えてくれた11のビジネスレッスン

  • ????????????????????
スティーブ・ジョブスに関する話題もそろそろ落ち着いてきた頃ですが、SEO Japanでもお馴染み、シリアルアントレプレナーのニール・パテルがネット世代のアントレプレナーの視点からスティーブ・ジョブスのビジネスマンとしての凄さについて11語ってくれました。 — SEO Japan

すでに知っていると思うが、スティーブ・ジョブズが亡くなった。彼は、先見の明のある偉大な人物の1人として永遠に人々の記憶に残ることだろう。テクノロジーおよび起業家の世界のために彼が成し遂げたことは、決して忘れられることはないだろう

私は若く、他の人ほどスティーブ・ジョブズの経歴を一心に追って来たわけではないけれど、彼は過去5年間でビジネスについて多くのことを私に教えてくれた。ここでは、スティーブ・ジョブズが教えてくれた私が決して忘れることはない11のことを紹介しよう::

1. 機能ではなく、人が重要

ジョブズが作ったものは全て、あなたの生活を簡単にした。自分が作った機能について彼がベラベラとしゃべっているのを聞くことはほとんどなかった。その代わりに、彼は、それらの製品が人々の生活をいかに簡単にするかに焦点を合わせた。

例えば、iPhoneは電話で話すこと、映画を見ること、映画を録画すること、音楽を聴くことを可能にした。簡単なことのように聞こえるかもしれないが、iPhoneがなかったら、あなたは携帯電話とMP3プレイヤーとビデオレコーダーを持ち歩かなければならないかもしれないのだ。彼のおかげで私のポケットはかなり軽くなった。

彼は、他の多くの人と共に、単に機能を追加したり製品を作ることにだけに重点的に取り組まないことを私に教えてくれた。何よりもまず、あなたは人々が経験している問題を解決することに焦点を合わせる必要がある。もしそれができれば、あなたは時代の先にいるだろう。

2. 事前販売は全く問題がない

ほとんどの企業は製品をローンチしてからそれを販売する。ジョブズはAppleでそれをしなかった。彼は大衆に、自分が何を売る予定なのか、それが彼らの問題をどう解決するのか、そして、製品をオンラインで事前注文できることを知らせたのだ。

あなたも同じことができる。自分の製品またはサービスがリリースされるのを待っていてはいけない。あなたが今日稼ぐお金があなたのコストを賄うのを助けるだろう。そして、それは、あなたが販売中に出くわすかもしれないキャッシュ―フロー問題を解決するのに役立つだろう。

3. シンプルに

私はPCからMacへ切り替えた。なぜなら、Macの方がずっと使いやすいからだ。少なくとも、私の父や1歳の甥っ子には向いている。スティーブの在職期間に私が購入した全てのApple製品が使いやすかった。

彼は見た目にもカッコいいデバイスを作ったが、何にもまして彼の製品は使いやすかったのだ。例えば、iPadは、何の説明も必要とせずに私が父親にあげることができた最初のデバイスだった。シャットダウンやスタートオプションがなく、ただアプリケーションをクリックして使い始めるだけでいいのだ。

もっとアプリケーションが欲しいなら、Appストアに行ってダウンロードすればいいのだ。

自分のソリューションを複雑にしようとしないことだ。シンプルにすること・・・たとえそれがオプション機能をはぎ取らなければならないことを意味するとしても。あなたが使えるソリューションを作っていないなら、需要を獲得することは難しくなるだろう。

4. 大きく考える!

あなたがビジネスをしているなら、あなたはお金を稼ぐためにそこにいるのだ。もしそうでないなら、あなたは起業家になるべきではない。あなたがビジネスを築くつもりなら、世界を変えるビジネスを築くことだ。

Appleは単なるテクノロジー企業ではない。スティーブ・ジョブズは世界を変えた。彼の製品は世界中であらゆる人に使用されている。だからAppleは世界最大の企業なのだ。

あなたは、大きな問題を解決しない限りは大企業を築くことはできないだろう。小さなニッチを勝ち取ることで生計を立てることはできるが、それで数十億を稼ぐことはない。

5. 一点集中

Appleのウェブサイトを見ると、たくさんの製品があるように見えるのでは?しかし、千億ドル企業であることを考えると、実際にはそうではないのだ。

ジョブズは賢かった。彼は、小さな製品を無数に作ろうとするのではなく、常に自分のエネルギーを数少ない主要製品に集中させた。つまり、彼は一塁打や二塁打を求めるのではなく、大勝利を得ようとしたのだ。

あなたのビジネスでも、複数のことをしようとすべきではない。自分の時間とエネルギーを1つの製品またはサービスに集中させるのだ。中核となるビジネスが成長を続けている時には、あなたは他のことをすべきではない。成長が遅くなった時こそが拡大すべき時なのだ。

6. エコシステムを作る

私は、iPhoneがリリースされるまでプラットフォームを作ることの力を全く理解していなかった。その逸品が市場に出て、様々な企業がアプリケーションを作り始めた時、Appleは大きなエコシステムを持つようになった。

彼らは自分達の製品を売るだけに止まらなかった。他の企業がAppleのプラットフォームで製品を作り始め、彼らの顧客はApple製品を購入して使用することを奨励された。

この時点でAppleは、自分達の製品を販売する必要がなかった。他の企業がそれをしていたのだ。

スティーブ・ジョブズはエコシステムを作った。彼はApple製品の周辺でそれをすることができた。もしあなたが素晴らしいアイディアを大きくしたいのであれば、そのアイディアを花開かせるためのエコシステムを作らなければならない。

7. 常に革新の余地がある

iPodは最初のMP3プレイヤーではなかった。AppleがiPodをリリースする前に、すでに他のMP3プレイヤーが山ほど世に出ていた。そのことが、ジョブズがその分野に参入することを思いとどませることはなかった。彼は、より良い製品を作ることによって、誰よりも一歩先に出たのだ。

今もしあなたが音楽プレイヤーを探しているとしたら、最初に頭に浮かぶのはiPodではないだろうか?2番目に思い浮かぶブランドは何だろう?

う~ん…

そう、彼らは全ての競合相手を破壊したのだ。私が思いつくたった1つの他のデバイスと言えば、最悪のZuneである。

飽和状態の市場に参入することを恐れないこと…ただあなたは揺さぶりをかけようとしなければならない。もしあなたがどこにでもあるような会社を作ることに決めたなら、ダメになることが予想される

8. 情熱的に

スティーブ・ジョブズの給料が年間1ドルだったことは知っていただろうか?そう、彼はお金なんてどうでもよかったのだ。彼は公でもそのことを言っている。彼は、会社のこと、製品のこと、人々の生活を変えることを大切にしていた。

もしあなたが自分のしていることを愛しているなら、もっと一生懸命働き、成功する可能性は高くなるだろう。ジョブズは病気の時でさえも必死に働いたのだ…彼が自分のしていることをいかに愛していたかが分かる。

ただお金のために物事をするのではなく、自分のしていることを愛するが故に物事をすること。永遠に生きることはないのだから、できるうちは自分の人生を楽しむのだ。

9. 投資家のお金を決して失わない

スティーブ・ジョブズは、Appleの全歴史を通してCEOだったわけではないが、彼は常に会社のことを気にかけていた。彼は戻って来て、会社を方向転換した。言い換えれば、彼は資金援助者のお金を増やして投資家を保護したのだ。

先に述べたように、Appleは世界最大の企業なのだ!投資家からのお金がなければ、それなりの規模の企業を作ることはかなり難しいのだ…だから、必ず彼らのことを気にかけるようにすることだ。あなたがそうすれば、彼らはいつもあなたのことを守ってくれる。

よく似たルールを持つもう1人の偉大なリーダーがWarren Buffettだ。あなたが自分を養ってくれている人々を大切にすることができれば、彼らは継続的にそれに報いようとするだろう。

10. あなたは、チームなしには存在し得ない

Appleにはたくさんの福利厚生がある:社内のフィットネスセンターから学費援助、オーガニック食品を揃えたカフェテリアまである。なぜそんなことをするのか?従業員を大事にするためだ。

優れたリーダーの重要な部分は、優れたチームを持たなければならないことに気が付いていることだ。もしあなたが従業員を大切にしなかったり、感謝の気持ちを示さなければ、あなたはすぐに彼らを失うことになるだろう。

あなたが自分の従業員を大事にすれば、彼らは血と汗と涙をあなたの会社に注ぐだろう。

11. 友達と家族のことを忘れない

起業家として何年もの間必死に働いていると、友達と家族のことを忘れてしまいがちだ。あなたがすることといったら、生きる、寝る、ビジネスなのだ。

結局のところ、それは何ら問題ないが、友達と家族と時間を過ごすことも必要だ。お金は常にそこにあるが、友達と家族はそうではない。

スティーブ・ジョブズが病気になった時、彼は最後の時を友達と家族と過ごすためにAppleを去った。彼はそれが自分にとって大切であることを知っていたのだ。あなたも自分にとって何が大切なのかを知る必要がある。仕事にどれくらいの時間を取られているかに関わらず、大切なことを忘れてならない。

最後に

スティーブ・ジョブズが、自らの最盛期に亡くなったことは痛ましいことだ。彼は偉大な起業家でありリーダーだった。私達は彼がこの世界のためにしたことを忘れない。

彼の家族と友人にお悔やみ申し上げます。そして、彼のご冥福をお祈り致します。

あなたがスティーブ・ジョブズから学んだ教訓も自由に共有して欲しい。


この記事は、QuickSproutに掲載された「11 Business Lessons Steve Jobs Taught Me」を翻訳した内容です。

ジョブスに関して様々なメジャーメディアがトリビュート記事を配信していますが、ここまで起業家がリアリティを持って感じることのできる記事も中々無いのではないでしょうか。読んでいてやる気が改めて満ちてくると共にどこか感傷的になる文章でした。 — SEO Japan

関連記事