SEO業者を雇うべきか、インハウスSEOに徹するべきか

SEOをアウトソースすべきか、インハウスSEOで頑張るべきかは永遠の議論ともいえますが、今回改めて論点を整理した記事をソーシャルメディアエクスプローラーからご紹介。何故かソーシャルメディアサイトからの記事ですが、SEO専門サイトじゃないだけに、逆にSEOに詳しくない人にも参考になる記事かもです。 — SEO Japan

ここ数年、SEO業者のサービスのニーズが高まっている。検索エンジンを考慮してサイトを最適化して、検索結果で上位にランクインすると、確実にサイトへのトラフィックが増し、顧客の人数も増え、そして、最終的に収益が改善される。SEOは全力を尽くして自力で学ぶことも出来るが、評価の高いSEO業者を雇う方が賢明な場合も多い。しかし、その他のビジネス上の決定にも共通することだが、アウトソースを行うには時間および資金の面で余分に投資を行う必要がある。そのため、SEO業者を雇う価値があるのかどうかを自分自身に問いかけることになる。

自分でSEOを実施する方針にはメリットもあればデメリットもある。外部のSEO業者に頼る際にも同じことが言える。それでは、SEO業者を雇って助けてもらう前に以下の要因を熟慮してもらいたい。

DIY SEO

メリット:

自分でサイトを最適化すると、大きな節約になり、また、サイト運営に関する知識を得られる。その他にも、自分でサイトを制御および管理することが可能であり、安心感を持てる。

デメリット:

ウェブサイトを適切に最適化する方法を学ぶには、多大な時間、そして、労力を費やさなければならない。それだけでなく、SEOは継続的な取り組みであるため、常にメンテナンスおよび管理を行う必要がある。SEOの取り組み、検索エンジンのガイドライン、そして、プログラミングの知識をあまり持っていないものの、すぐにサイトのランキングを高めたい場合、スパムな手法を用いたくなる欲求に駆られる。すると、検索エンジンから永久にサイトを追放されるリスクが生じる。

SEO業者を利用する

メリット:

外部の支援を採用すると、会社のメインの取り組みとコアの能力に引き続き力を入れることが出来る。サイトのSEOの取り組みを、自分が持ち合わせていない適切な知識、ツール、そして、リソースで武装したプロ集団であるSEO業者に委託することになる。SEO業者はパートナーとなり、投資を最大限に結果に結びつける上で手を貸してもらえる。

デメリット:

SEO業者を雇うにはコストがかかる。また、目標の説明および全体的なSEOのプロセスへの参加において、ある程度時間を割く必要がある。さらに、頼りになるサービスを提供する優れたSEO業者をリサーチしなければならない。

SEO業者の選定

SEO業者を雇うことに決めたら、実際に探すプロセスを始める。頼りになるSEO業者は、評価が高く、業界で知名度が高いはずである。同僚に訊いたり、有名なSEOフォーラムを訪問したり、頻繁にアクセスするページのオーナーにお薦めの会社を尋ねて、調査を開始してもらいたい。

名前が挙げられたSEO業者をリストアップして、それぞれの会社を詳しく調査しよう。次にブラックハットやスパムな手法を用いたことのある業者、必要とするサービスが一つでも欠けている業者、予算をオーバーする料金を求める会社、そして、24時間以内に質問に答えてくれない会社を消去していく。このような業者は、ニーズに合わないか、あるいは、信頼に値しない、もしくは、急がしくて良質なカスタマーサービスを提供することが出来ないかのいずれかである。

コストを重要な要素として考える必要がある。範囲および規模において自分の会社と同じような会社に対応した経験を持つ業者を選んでもらいたい。自分の会社と同じような会社のコンセプトに取り組んだことがあるSEO業者は、予算にフィットする質の高いサービスを提供してくれる可能性が高い。しかし、コストだけを考慮して決定を下すべきではない。SEO業者の信頼性もまた慎重に調査してもらいたい。推薦する人の証言を求めると当該の会社の評判を容易に推し量ることが出来る。推薦証言を快く提供する会社を選ぶべきである。SEO業者とこれから構築する関係は長期に渡って続くため、定期的に仕事をするにあたって、安心することが出来る相手を選んでもらいたい。

DIYとSEO業者へのアウトソースのメリットおよびデメリットは、自社の能力、予算、そして、目標によって変わってくる。しかし、自分で、もしくは優れたSEO業者に任せてSEOを適切に実施していれば、非常に効果的にビジネスを宣伝し、売り上げを得ることが出来るようになるはずだ。


この記事は、socialmediaexplorerに掲載された「When Should You Hire A SEO Company?」を翻訳した内容です。

余りに真っ当すぎる内容ではありましたが、社内で行うか、アウトソースすべきかの起点の考え方として理解すれば良いかと思います。この記事に沿った場合、SEO Japanも過去にスパム・ブラックな行為をした経験もありますしアウトソース先としてはアウトなんですけどね・・・汗 ま、その分酸いも甘いも噛み分けてきたということで分かってもらえる方にご利用いただければと m(_ _)m。

最近のGoogleの傾向を考えれば、外部リンク100%外注でSEOはホッタラカシ、なんて状況も厳しいですし、ある程度インハウス化することも重要と思いますが、社内で対応するには知識レベルで最新の検索エンジンの動向についていけていない不安もあるかと思います。多くの場合、最低限のSEOの基本を守った上で、真っ当に良質なコンテンツを作って定期で公開していれば実際それで全く何の問題もないわけですが、大型サイトや多少複雑な状況にあるサイトの場合は、プロのアドバイスをピンポイントで仰ぐこともまたプラスになることもあるでしょう。ではどれ位の信頼できるアドバイスを的確にできるプロがいるかというと、SEOを生業にしている会社・人は無数にあるとはいえ、極少数に限られるわけですが。。。さらにどこまでいっても、あくまでSEOのプロなわけで、事業やユーザーとの関係構築については、あなた自身が責任を負う必要があり、SEO業者に責任転嫁できないわけですが。

と、混乱気味のコメントになってしまいましたが、アウトソースするにしろ、インハウスで頑張るにしろ、最初から100%上手くいくことはありえないですし、最低限のSEOの知識は理解した上で、試行錯誤しながら数年かけてベストな体制を築いていくことが大事なのかな、と思います。 — SEO Japan [G+]