新たなる展望:オンラインの専門家たちがGoogle Homeと音声検索を語る

本日(現地時間 10/4)サンフランシスコで行われたGoogleの秋の発表イベントにて、新型Pixel2の発表に合わせてGoogle Homeの小型版「Google Home Mini」、そして大型版の「Google Home Max」が発表されました。また、日本でのGoogle Homeの発売が正式にアナウンスされ、今週末発売とリリースされました。

そこでSEO Japanでは、今ホットなスマートスピーカーの日本上陸に先駆け、主要機能の一つである「音声検索」について、海外のオンラインの専門家たちが熱く語る記事をご紹介したいと思います。
今後数年で、私たちの生活になくてはならない存在になるかもしれない「音声検索」。
業界を牽引する世界の第一人者たちの見解を、ぜひチェックしてください。

— SEO Japan

Google Assistantへの質問を可能にした音声主導スマートスピーカーGoogle Homeは、2016年の11月に米国市場に登場している。国際的にこのデバイスが入手可能になっているという背景を受けて、我々は何人かの専門家にGoogle Homeに関してのこれまでの彼らが使用した体験と、この存在が音声検索の未来に対して何を意味するのかを尋ねる機会をいただいた。

Google-Home-Survey-Blog

Google Homeの国際的なロールアウトについて述べるために、我々は専門家に対してこのデバイスが検索行動、検索結果、検索順位、パフォーマンスをどのように変えるのかについての意見を尋ねた。特に、昨年Google Homeの数か月前にローンチしたAmazon Echoや、2017年の12月に参入してくる(?)アップルのHomePodなどのスマートスピーカーや音声入力のアシスタントシステムと比べて何が違うのかについて聞いた。
専門家たちの意見を集めるのに加え、スマートスピーカー戦争がマーケターに与え始めた機会と挑戦を見据えて、我々はGoogle Homeについて独自の調査を行った。

別記事:スマートスピーカー戦争について(英語)

Google Homeは現在Google Store(米)で$109で購入可能だ。

ok-google-768x447
このページでは、デバイスの機能概要とさらなる情報を提供する。

OK Google- 未来は何が起きる?

我々の調査では、次のことを聞いた。
・デスクトップファーストからモバイルファーストへ、そして音声ファーストとなるのか?そして、音声検索の発展はGoogleとオンライン検索の発展にとってどれだけ重要なことなのか?
・ガジェットスマートサーチ?スマートスピーカーの検索結果の経験はあるか?
・Google Homeは現在世界中で入手可能だが、あなたはアーリーアダプター?それともまだ懐疑的?
以下が専門家たちの意見

音声検索、Google Homeについての専門家の意見

バリー・シュワルツ氏
Search Engine Roundtable 創始者
barry-schwartz-150-150

音声検索は、いま現在本当にエキサイティングな領域の一つだ。モバイル検索初期の頃を思い出すよ。今モバイル検索はデスクトップ検索よりも多くの割合を占めているし、音声検索が伸びていく様を見るのはきっと楽しいだろうね。音声検索はポジション0(強調スニペット)にフォーカスするSEOの重要性を増やす。この絶え間なく変わる展望には注目した方が良いね。

ルーカス・ゼレズニー氏
SEO and Social Media キーノートスピーカー
LZ11-150-150
2000年以降に生まれた若い世代にとっては、これはとても有用なものとなるね。私個人に関していうと、あまり音声検索は使わないけど。その代わり急いでいるときには、テキストから音声変換をする機能は使うよ。でも、概して言うと私は自分の音声で検索することはあまり好まないね。私はAmazon Alexaを持っていて、何度か「Hey Alexa、彼氏いる?」や「クリスマスソングをかけて」などとと聞いて遊んだことはあるよ。それ以外でいうと、胡散臭い検索結果を返すくらいしか有用性を見つけられなかったね。

結局、年がら年中自分の言葉をすべて盗聴されているような気分になって、使うのをやめて電源を切っちゃったね。概していうと、単純に必要がないからこそ私は音声検索には懐疑的だね。Google Glassが僕にとっては必要なかったようにね。

バルトシュ・ゴラレウィシュ氏
Goralewicz SEO Agency 共同創始者、CEO
goralewicz-150-150
まずモバイル、デスクトップ、音声検索がそれぞれ別の役割を検索において担っていることを区別しなければならない。それぞれに長所、短所がある。これらの内の1つ(もしくは複数)をなぜ、そしていつ選択するのかを区別することは重要だ。私の見解としては、出身国や年齢に応じて人々は音声(検索)を別の用途で使っていると考えている。また音声検索はすでに重要だが、この新しい検索チャネルの特異性にライトを当てるのには、まだ十分なデータがないのだ。

現在Google Homeはガジェットに限定的されて考えられているが、遊ぶときはとても優れていて本当に機能的だということに驚いているよ。私は個人的にGoogle Homeは保有していないし、直近では購入する予定はない(なぜなら携帯電話で同じことができてしまうからね)一方で、モバイル端末では音声検索やGoogle Assistantはよく使うよ。

Googleの僕の質問に対する回答を聞くたびに、Googleがこの領域にこれだけ投資をしてきたことを尊敬する。私はいずれ音声検索は成長しさらに重要になると信じているが、現状ではどのように発展していくかを見守ることに専念していて、音声検索がすぐに本当のゲームチェンジャーになるとは思っていない。

ジョーダン・コエーヌ氏
Searchmetrics チーフエヴァンジェリスト
Jordan-Koene-150-150
私はGoogle Home とAmazonのEcho群の機器を試してきた。音声検索を搭載したスマートスピーカーにとってまだ初期の段階だとしても、全てのマーケターはこの領域に注目しなければならない。音声検索はニッチなカテゴリーを脱し、大きく広い領域になるだろう。
もちろん、時間はかかるー音楽をかけるよりも検索で使われるようになるためには少なくともあとは5年かかると、私は見ている。しかし全てのビッグプレイヤー、Apple、Google、Amazonであろうと音声検索を一つの注力カテゴリーとして取り組むこと示している。また彼らの人工知能に対する投資投資から、検索が自然言語処理の中で変化しており、マーケターはオンラインのユーザーのニーズに応えることに対して、非常にローカルで非常に集中的であることを強いられるであろう、ということが読み取れる。
とは言うものの、これらのいずれもが排他的ではない。デスクトップ、モバイル、スマートスピーカー、そしておそらく我々がまだ考えていないことの半分がマーケターにとって持っていなければならない戦略になるだろう。これはコンテンツを発展させられるプラットフォームと、たくさんの種類のコンテンツの種類を作り更新できる人員が必要であるということを意味する。

ジェイソン・バーナード氏
Freelance Search Marketing コンサルタント
jason-barnard-150-150
長期的に見れば、「音声ファースト」は「モバイルファースト」よりもゲームチェンジャーになるだろう。しかし、短期的に夢中にならないことが重要だ。モバイルのように一日にして成るような劇的なシフトではない。「音声検索」は数年をかけて成長し、我々に「広い戦略(=strategy)」を適応させる時間を与えてくれる。私がここで「strategy」と言ったことに注目してほしい。伝統的に、SEOは「狭い戦略(=tactics)」についてであった。ブラックハットはこれの極端な例だ。(私は興味がないが)
簡単な戦略(ホワイト、ブラックハットなど)は衰弱しており、もうまもなく消えるだろう。少々のリンクページ内に貼ったから、良いメタタイトルや素敵なページタイトルをつけたから、少々SNS上で活動を行ったから、というだけではもはや上位表示をさせることはできないだろう。
「音声ファースト」は、機械によるディープラーニングとソリューション提供者(あなた)による根強い戦略に必ず基づいていなければならない。どんなオンラインマーケターでも正しく理解しなければならない最も重要な側面は、文脈と信用だ。簡単に口にできる二つの小さな単語だが、構築するのはとても、とても難しい。いくつかの関連リンク、魅力的なメタタイトル、そしてページの関連タイトルは最低限の必要条件だ。ブランドの文脈と信用を築くことによって、競合よりリードすることができる。
とはいっても、「SEOの死」の悲しみは未成熟だ。ポジションゼロはこれからさらに重要になるだろう。「音声ファースト」は未来だが、我々はまだ現在を生きている。未来においてのみ機能し、現在は過ぎ去ってしまうだろう:)
私のアドバイスは、
短期的には、
・今日の(知的な)SEO戦略を続ける
中期的には、
・100%モバイルフレンドリー
・Google、Bingへ構造化情報(Schema.org/HTML5)の提供をしならなければならない。
長期的には、
・自然にこれらの機械が簡単に消化できるような言語で書く(Schema.org/HTML5)
・ブランドや商品のために文脈を提供する
・これらの賢い機械に対してブランドの信用を築き、あなたのブランドがそれぞれの種類、クエリの文脈において「市場で最高」であることを証明する
というものだ。
要約すると、「デスクトップファースト」「モバイルファースト」「音声ファースト」はお互いに排他的ではない。「音声ファースト」は未来の中で大きな部分を占めることになるが、デスクトップやモバイルと共存するであろう。

ジョー・ターンブル氏
Search London オーガナイザー & SEOブロガー
seo-jo-150-150
デスクトップPCを持っていない人や、モバイルデバイスを今まで通りの使い方をできない人にリーチできるので、音声検索はオンライン検索の発展にとってとても重要になるでしょうね。キーボードでのタイピングができない人など(モバイルとデスクトップともに)などがその例。これらの人たちも検索をしてオンラインの世界を探索したいと思っています。音声検索はデスクトップやモバイルがやってきたように、他とつながる手段を彼らに提供するでしょう。
でも私は個人的には音声検索をそこまで使ってないわ。これからもっと実験をしていきたいとは思うけど。これまでは少し懐疑的だったけど、音声主導のデバイスのコンセプトは大好きね。理想的には、Google Assistantに家を掃除して、晩御飯を調理してくれて、つらいオフィスでの一日のあとに「おかえりなさい」と言ってほしいわ。もしかしたら未来ではやってくれるのかもしれないけど、あと数年は必要でしょうね。

ジョシュア・パンター氏
atom42 SEO スペシャリスト
joshua-panther-150-150
音声検索は盛り上がっているが、しかしながら屋外での利用や、公共の場で自身のデバイスに話かけても快適に感じるようになるには、まだ障害がある。正しく機能すれば音声検索にはさらなる利便性があり、検索結果に会話的な性質がある部分では音声検索によってもたらされる検索の数は増えるだろう。
この重要性から、Googleは音声検索をユーザージャーニーのより多くの部分で登場するための機会として見ていると思う。より世の中に受け入れられると、Googleにさらなる情報や検索行動とユーザーニーズのインサイトが与えられ、ユーザーとGoogleの間にはほぼシームレスな関係性が構築されるだろう。
私はスマホでは、すでに熱心なGoogle Assistantユーザーで、リマインダー、タイマー、情報取得などで使っているが、Google Homeはまだ購入していない。だから懐疑派とアーリーアダプターの間で揺れているね。
Google Assistantはとても有用だと思うが、ほぼ同じことをしてくれるモバイル端末があるので、部屋の中の固定デバイスにそこまで夢中ではないね。


この記事は、Searchmetricsに掲載された「New Horizons: Online Experts Weigh in On Google Home and Voice Search」を翻訳した内容です。


 

いかがでしたでしょうか?筆者自身もSEO業界に身を置くものとして、「音声検索」は考えなければならない領域であると思っています。
しかしながら今の戦略をすべて白紙にして、ポジション0(=強調スニペット)を目指すというのもいささか疑問があります。
バーナード氏が述べられたように、「短期」「中期」「長期」とフェーズ毎に分けて戦略を分けて考え、音声検索の動向をチェックし続けることが最善の手立てなのかもしれません。
— SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション