Googleがランキング要素のTOP3を公式に発表。

昨年、GoogleがRankBrainを発表した際は大きな話題となりましたが、”3番目に重要なランキングシグナルである”、という発言もその理由の1つであったと思います。当時は上位2つの要素を明らかにはしていませんでしたが、Googleのアンドレ・リパッセ氏(発音が間違っているかもしれません)がハングアウト内で言及しました。1つはコンテンツ、もう1つはリンクだということです。ダニー・サリバン氏はリンクと言葉と予想していましたね。ダニー・サリバン氏ではなくとも、”まあ、そうだよね”、といった感想が大半だとは思いますが、Googleの方の発言は、確かに初めてのことだと思います。– SEO Japan

Googleのアンドレ・リパッセ氏が明らかにした。Google検索のランキング要素のTOP3は、リンク、コンテンツ、RankBrainだ。

google-g-word-blue3-1920-800x450

*リンク先は全て英語となっています。

Googleの検索結果で上位を獲得するための要素とは何だろうか?最も重要な3つの要素が初めて明らかになった。リンク、コンテンツ、そしてRankBrainだ。

RankBrainが3番目に重要なランキング要素であると、昨年Googleが発言していた。しかし、上位2つの要素が何であるかは明らかにしていなかった。昨日、GoogleとのQ&Aにて、Googleのサーチクオリティ・シニアストラテジストのアンドレ・リパッセ氏が、上位2つの要素はリンクとコンテンツであると発言した。

(上位2つの要素が)何であるかをお伝えしよう。先ずはコンテンツ。そして、サイトに向けられているリンクだ。

彼はその内のどちらがより重要であるかは述べていない。つまり、ランキング用をのTOP3のリストは下記のようになる。

1&2 リンクとコンテンツ
3  RankBrain

もちろん、Googleはその他の多くの要素も見ている。ちょうど、我々が作成したランキング要素のテーブル表のように。兎にも角にも、上位3つの要素が、Googleによって公式に認められたのだ。

下記に動画を掲載しておく。

この記事は、Search Engine Landに掲載された「Now we know: Here are Google’s top 3 search ranking factors」を翻訳した内容です。

RankBrainの内容についてはGoogleはあまり詳細を語っていないこともあり、ランキング要素としての解釈も難しいものであると感じています。(その分、先日のSMXでのRankBrainのセッションは非常に盛り上がっていましたが。)RankBrainの対象となっているクエリは全体の内の1部です。また、クエリの解釈の部分という働きからも、ランキング要素として考えることは、なかなか複雑なことだと思います。色々と明言できる部分は少なくなるのも仕方ないと感じつつも、定期的に行われるこうした議論を聞くことは非常に興味深いですね。– SEO Japan

Page Top

投稿ナビゲーション