米国でも3人に2人のママは携帯電話でネットにアクセス中

携帯電話といえば世界でも日本が先んじてきた分野ですが、最近の世界的なスマートフォンブームで状況が変わりつつあるようです。さて今回は5年前なら携帯電話でインターネットにアクセスする人なんてほとんどいなかった気がするアメリカから、アメリカのママ達の3人に2人は今やスマホ等の携帯電話でネットにアクセスしているという衝撃?の事実を。 — SEO Japan

もしあなたがママ達への販売にはものすごいパワーがあることを知らなかったなら、あなたは注意を払ってこなかったのだ。しかし、今日のメッセージは、モバイルママに関することだ。eMarketerが出しているこの図を見てみよう。

ママ達は一般大衆よりもスマートフォンを所有している傾向が高いだけでなく、彼女達はそれを使ってオンラインに接続することがずっと多いのだ。

彼女たちが携帯電話とこんなにも密接になった理由は明らかだ。時間と心の節約である。

携帯電話は、ママ達が、ジョニーをサッカーの練習からピックアップするのを待っている間に、Eメールをチェックしたり、夕食にピザハットを注文したり、子どものために靴を(安く)購入したりすることを可能にする。

ママは忙しく、大急ぎで複数のタスクをこなす。だから、もしあなたが彼女達の注意を引きたいなら、彼女達の1日をより簡単により安くする何かを提供する必要がある。ただ単に携帯電話に改善したウェブ広告を置くことでは、それはうまくいかないのだ。しかし、学校と家の間で夕食を用意する最速の場所を示すアプリを想像したら?自分の子どものサイズでお買い得商品がある時にお知らせを送る靴のトラッカーは?

2点間のクリックを短くするものは何でも価値がある。そしてそれが面白くて機能的ならなおさら良い…もし私が、バーチャルの電球を鳥に投げ付けることで電気料金を安くすることができるなら、毎日そのゲームで遊ぶように。

あなたはモバイルママ達への準備が出来ているだろうか?今日30分を使って、自分のウェブサイトの機能性を様々な携帯電話で検証してみよう。あなたが何か悪いサプライズを見つけることがないことを願っている。


この記事は、Marketing Pilgrimに掲載された「2 Out of 3 Moms Use Mobile to Access the Web」を翻訳した内容です。

確かにアメリカのママの場合は車で子供の送り迎えをしている人も多いですし、もちろん日々の買い物もありますから、スマートフォンでネットアクセスがメインになるのも当然かもしれません。それにしても2009年の22%から2011年の62%って中国もビックリの急激な普及ですね。10年前はアメリカ人で携帯デバイスでネットを使う日が来るなんてアメリカ人自身も想像していなかった気がしますが、時代は進化し続けているようです。今後スマホの”モバイルママ”(なかなか粋なワーディングですね)をターゲットにしたサービスがアメリカで続々登場してきそうな予感です。。。 — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション