Googleサーチコンソールベータ版の新機能の一部をご紹介

年明けより新サーチコンソールのベータ版テスターの範囲が拡大しているようですが、
12か月のレポートが見れるようになるという機能に加え様々な機能が追加されている模様です。
今回の記事ではその内のいくつかが紹介されているので、ご確認ください。
記事の最後にベータ版へのアクセスのURLもございますのでチェックしてください。– SEO Japan

ご存知のようにサーチコンソールのあたらしいベータ版がさらに多くの人へと公開され始めている。Google招待メールには「Introducing the new Search Console (beta)」と書かれている。

以下がemailのスクリーンショットだ。
サーチコンソールベータ版招待メール(英語)

Googleはさらにベータ版で新機能の追加も行っており、過去の記事はここから見ることができる。
さらに直近でいうとGoogleは以下を追加している。

1 インデックスカバレッジレポート(日本語版では「インデックス登録の対象範囲」)からのエクスポート機能が追加

2. 過去のサーチコンソールではAMPレポートのみで可能であった「修正を検証」する機能が、新しいベータ版では他のページでも行うことが可能に

新しいサーチコンソールのインデックスカバレッジレポートにエキサイティングな新機能が追加された。まずはエクスポート機能の追加だ。どのようなデータでもエクセルフォーマットやスプレッドシートの形式でダウンロードすることができる。次に(修正を行った後に)エラーの検証ができるようになった。修正が完了したら下部へと移動が行われる。

3.パフォーマンスレポートでは「新しい出来事」という便利な機能が追加された。

さらにインデックスカバレッジレポートでは「新しい出来事を発見」という素敵な機能も追加されている。点線の上にマウスを乗せると、その時期に起こった事象のレポーティングを見ることができる。また(新機能ではないが)「表示回数」をグラフに追加することもできる。

Googleは今後数週間、数か月の間にさらに多くの機能をサーチコンソールベータ版へと追加し続けるだろう。


この記事は、Search Engine Landに掲載された「Google Search Console Beta Sends Invites To More Webmasters & Adds Features」を翻訳した内容です。


テスターに選ばれているユーザーであればこちらからアクセスができます。サーチコンソールβ版リリースのニュースがあって以来、今か今かと招待のメールを待っていましたがSEO Japanには招待のメールは届いておりません。。
それでも上記のURLにはアクセスができたので、メールを受け取っていなくてもテスターに選ばれている可能性があるかもしれません。もしかすると日本では招待メールは送られてこないのでしょうか?– SEO Japan

Web戦略でお困りではないですか?

自然流入を増やしたい…
もっと問い合わせ、売り上げを増やしたい…
15年以上SEOサービスを提供してきたアイオイクスが、貴社の課題を解決するコンサルティングサービスを提供いたします。

SEOサービスについてはこちら

お問い合わせフォームへ

03-6408-287010:00 – 19:00 (土・日・祝日除く)
Page Top

投稿ナビゲーション