GooglebotによるHTTP/2へのサポートが間もなく開始。早ければ、年内にも。

HTTPの最新バージョンである、HTTP/2のサポートが年内にも開始されるとのことです。今年の5月のSMX Advancedでは、Googleのマイリー・オーイェ氏が注目すべき技術として紹介していました。ChromeやFirefoxなどのブラウザはすでにHTTP/2に対応していましたが、Googlebotはまだサポートしていませんでした。具体的な日にちの言及はありませんでしたが、近い内にサポートが完了することは確かなことだと考えてよさそうです。– SEO Japan

*リンク先は全て英語となっています。
*原文ではHTTP2と表記されていますが、今記事ではHTTP/2と表記しています。

Googleのジョン・ミュラー氏がハングアウト内で発表した。Googlebotは近々、HTTP/2のみでアクセスできるページへもクロールができるようになるとのことだ。現状、GooglebotはHTTP/2(次のバージョンのHTTP)のページへはクロールすることができない。

ジョン氏は、下記の動画での3分頃に発言をしている。

今のところ、GooglebotはHTTP/2のクローリングをサポートしていない。そのため、あなたのサイトへHTTP/2(次のバージョンのHTTP)のみでしかアクセスできない場合、我々はそのサイトを適切にクロールすることができないでいる。我々は、HTTP/2へのクローリングに取り組んでおり、今年の終わりか、来年の始めか、その辺りで準備が完了すると見込んでいる。
HTTP/2の大きな利点の一つに、リクエストをまとめることが挙げられる。つまり、あるページが、画像、CSS、JavaScriptといった多くの要素を含んでいる場合、理論的には、それらすべてに対して一つのリクエストを投げる(同時リクエストを投げる)ことができるのだ。

下記に、動画を埋め込んでおく。

この件に関するGoogle+はこちら

この記事は、Search Engine Roundtableに掲載された「Google: HTTP2 Support For GoogleBot Coming Soon, Maybe By End Of Year」を翻訳した内容です。

HTTP/1.xでの様々な課題を解決することができるHTTP/2は、今後のWebサイト構築に大きな影響を与える可能性があります。今すぐに何かをするというほどのものではないと思いますが、先々のことを考えておくことも無駄ではないと思います。ちなみに、HTTP/2の元となっているSPDYへのサポートは、2016年の早い時期に終了するそうです。

Page Top

投稿ナビゲーション