SMX West 2016-未来を約束されたSEOにするために、必要なこと。

SMX West第2弾の記事は、これからのSEOに必要とされる要素を扱ったセッションです。30分と短いセッションではありましたが、重要な項目のみをピックアップした、わかりやすいセッションであったと思います。前回の記事(キーノート)では検索の未来について話されていましたが、こちらのセッションは、さらに具体性の高いものとなっていました。– SEO Japan

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Matt McGee(Editor In Chief, Search Engine Land & Marketing Land,@mattmcgee)
Adria Kyne(SEO Manager, North America and AU/NZ, Vistaprint, @adriak)

今日話すこと

  • 備えていないことで、あなたのWebサイトに悪影響を及ぼすであろう、次に起こる変化
  • 投資に値するトレンド
  • 重要性が失われつつあるもの

HTTPS

HTTPSの重要性
特定の状況下ではランキング要素となっている。少なくとも、その重要性はどんどん高まっており、Googleの発言から、それがうかがえる。

  • 2014年6月、”これは大事なことで、対応すべきだ。”(Google I/O)
  • 2014年8月、”我々はHTTPSにランキングブーストを与える”(Webmaster Central Blog)
  • 2015年12月、”我々はHTTPSのページをデフォルトでインデックスする”(Webmaster Central Blog)

HTTPSで大事なこと
まずは暗号化だ。これは、傍聴を防ぐために行う。次に、認証。パスワードや決済情報を収集するために、なりすましを行う者がいるのだ。最後は、データの整合性。クライアントとサーバーの間で、データの妨害や修正をされないために。

HTTPSを実装するために
2048ビットの暗号化で証明書を発行する。非商業サイトやオープンソースのサイトでは、無料の証明書でもいいかもしれない。(Let’s Encryptを確認しよう。)

認証を正確に設定する
サーバーの設定をベストプラクティスに。Mozilla WikiQualys SSL Labsなどを確認しよう。設定のテストは必ず行う。サーバーのパフォーマンスを最適化しよう。そして、期限切れにさせないこと。

サイトを正確に統合する
301リダイレクトを設定する。リダイレクトチェーンは起こらないように。内部リンクを正確に設定することも大事だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モバイルのパフォーマンス

モバイルフレンドリー
2015年4月に開始したが、大規模な変動は起こらず。しかし、実際は大きな出来事である。Adobeのレポートによれば、モバイルフレンドリーでないサイトのトラフィックが12%減少し、Stone Temple社は、非モバイルフレンドリーサイトの50%近くがランキングの減少に遭った、と報告している。

モバイルの重要性
検索の50%以上がモバイルで行われており、今後拡大するインターネットの成長はモバイルからとなる。

AMP HTML
FacebookのインスタントアーティクルズとAppleニュースの対抗馬。既存のWeb技術を元に構築された、オープンソース。巨大なキャッシング配信システム。広告、分析、定期購読システムにも対応しており、マネタイズに必要な要素を備えている。

AMPとランキング
ページスピードはGoogleにとってシグナルとなっているため、AMP対応のページは有利に働く。しかし、AMPの対応自体が検索ランキングの強力なブーストになるわけではない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

確約されたトレンド

サーバーサイドJavaScript
JavaScriptのメリットはクライアントサイドのアプリが速くなること。しかし、全ての要素がロードされるまで待たなければならない。ユーザーのデバイスに依存してしまう。サーバーサイドJavaScriptでは、クライアントサイドのプロセスとは関係なく、機能する。ユーザーは初速の速さを実感するだろう。サーバーサイドのJavaScriptを実装しているサイトの例には、Netflix、New York Times、Paypal、LinkedInなどが挙げられる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナレッジボックス
Stone Temple社の調査によれば、2014年12月は22.6%であったが、2015年7月には31.2%にまで増えている。ナレッジボックスに取り上げられることで、ブランドの価値向上やトラフィック獲得といったメリットがある。

ナレッジボックスの例1
Verizon(アメリカの大手通信会社)のコンテンツが取り上げられている例。クエリは、”音声メールをiPhoneで記録する方法”。実際のページでは<ul>タグが使われておりリスト表記されているが、ナレッジグラフでは、まとめられた文章になっている。

ナレッジボックスの例2
“More Items”という表記がナレッジグラフ内にあり、元ページへリンクが張られている。トラフィック獲得の例と言える。こうしたサイトに共通している特徴として、写真を利用したステップごとの説明、必要なツールや素材のリスト、ショッピングリスト、上手くいくためのアドバイス、などが記載されている。

ナレッジグラフに取り上げられるために

  • パブリックなデータではなく、ユニークなコンテンツを提供する。
  • シンプルで、質問に対する直接的な答えを提供する。
  • HTMLのリストフォーマットを使用する。<ol>タグでも<ul>タグでも問題ない。
  • 深い情報をページ内に記載する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

重要ではなくなることは?

インターネットはモバイルにシフトしている
モバイルの検索はデスクトップの検索を上回っており、スマートフォンを持つ人口が増えている。また、今後のインターネットはモバイルで行われる。アメリカのインターネットの普及率は85%でイギリスは90%。今後の普及は、他の国々で拡大する。

デジタルメディアで消費される時間
モバイルでのGoogle検索の利用率は下がっている。スマートフォンで使用されるアプリで、Google検索は2013年と2014年では2位だった。しかし、2015年では4位に落ちている。モバイルユーザーはデスクトップユーザーほど検索しないのだ。多くがインフォメーショナルクエリであり、ナビゲーショナルクエリは少ない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Googleの投資先は多岐に渡る
Alphabet社の設立。Google NowやNow on Tapの拡大。新しいメッセージアプリ。WeChatという中国のアプリは注目すべきだ。アプリ内で決済ができるシステムにも関心が高まっている。例えば、Pinterest内でクリックして何かを買える、というような。

重要でなくなるものは
モバイル検索だろう。パーソナルアシスタントを使用するためにスマートフォンは今後も使われる。しかし、それは検索のためではない。

モバイル利用の増加に伴い、アプリ滞在時間も増加していることはよく言われていますが、モバイルでの検索の減少については、そこまで強く叫ばれていないと感じています。しかし、今後のGoogleが注力する方向には合致している流れとも思います。マネタイズの部分など、気になるところは多いですが、SEOとして対応すべきところはしっかりと押さえておきたいですね。– SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション