米国のネット選挙運動の歴史をまとめたインフォグラフィック

ツイッター選挙といわれたアメリカの大統領選。日本でも数年前からネットを利用した選挙活動解禁の運動はありましたが、今夏の参院選からようやく解禁される見込みです。そこで、日本がこれから参考にできる(かもしれない)アメリカのネット選挙運動の歴史を、分かり易くインフォグラフィックにまとめてみました。インフォグラフィックの最後に、日本のネット選挙運動解禁の動きも簡単にまとめています。Please Enjoy! — SEO Japan

アメリカの大統領選挙運動に初めて電子メールが使われたのは21年前の1992年。その後インターネットの普及が進みYouTubeからFacebook、Twitterまでソーシャルメディアを誰もが使う時代になった今日、特に2008年、2012年の大統領選挙ではオバマ陣営のネット戦略が史上もっとも効果的にSNSやビックデータ解析を活用し勝利に貢献したと世界中で注目されました。

そんなアメリカのネット選挙運動の歴史を、インターネットを使ったマーケティング戦略の視点からまとめています。

※画像をクリックすると拡大されます。

インフォグラフィックをご紹介いただける場合は下記コードをサイトに貼り付けてください。
600px

855px

オバマ米大統領は選挙運動中の情報発信にインフォグラフィックも使っていました。ホワイトハウスもたまに公開しています。今回のインフォグラフィックが、米国のネット選挙運動の歴史や現状について知ると共に、日本でも今後より議論が活発になるであろうネット選挙運動について考える参考リソースの1つになれば幸いです。 — SEO Japan [G+]

インフォグラフィックス作成

投稿ナビゲーション