検索エンジンの世界国別市場 2014年最新版

検索エンジンといえばGoogleのみが注目される国内市場ですが、海外に目を向けると、意外とGoogle以外の検索エンジンが頑張っている国がまだまだあるのも事実。肝心の米国市場でさえ、Bingが頑張っている結果、Googleのシェアは日本より低いです。今回はそんな世界各国の検索エンジンのシェア率をまとめた記事を。米国、ヨーロッパ、中国、韓国、ロシア、他諸々、、グローバル市場の俯瞰に最適。 — SEO Japan

続きを読む

Bingの売却を検討するマイクロソフトの次期CEO候補

マイクロソフトCEOであるスティーブ・バルマーが引退この夏発表してから、その後継者争いが米国では大きな話題となっていました。最近になって、ようやく何人かの最終候補に絞り込まれ、その結果次第でBingの将来にも影響があるかもしれない?ということで、米国の検索シェアを追っている人には特に気になるマイクロソフトの後継者レースに関する微妙に気になる記事を。ダニー・サリバンのコメント付き。 — SEO Japan

続きを読む

Bing、ウェブマスターガイドラインをついに公開

古くはページランク、今はウェブマスターツールズと、ウェブマスターが気になって仕方なくなる検索アルゴリズムの要素を微妙に見える範囲で公開し、検索ユーザーの支持以上に、ウェブマスターの支持、というか日々確認・使わざるえない状況に落とし込む形でウェブの世界を支配してきたGoogle。ウェブマスターに向けに公開されているウェブマスターガイドラインも多くのユーザーにとってウェブサイト構築時の基本バイブル的に利用されていますが、ここにきてようやくBingもガイドラインをついに公開した、ということでその内容を紹介します。アメリカでは1/5程度の検索シェアを誇る無視できない存在のBing、はたしてその内容に気になる要素はあるでしょうか? — SEO Japan

続きを読む

GoogleとBing、もはや検索結果の品質に変わりなし

多数の検索エンジンが乱立する中、突然登場し、その圧倒的な検索結果の品質により、検索市場を一気に席巻したGoogle。今日でも圧倒的なシェアを誇る存在であり、長年のライバルYahoo!は検索エンジン開発競争を諦め、MicrosoftのBingと提携しています。そのBingですが、米国では検索シェアの1/3程度を占めるなど意外と頑張っているんですよね。日本では余り馴染みのないBingですが、その検索結果の品質をGoogleとユーザー調査の形で比較してみた興味深い記事を。 — SEO Japan

続きを読む

検索エンジンの未来は「ソーシャル」と「エンティティ」、そして「コンテンツ」にあり

日本ではすっかり注目されなくなったマイクロソフトのBingですが、米国ではまだまだ頑張っておりGoogleに負けじと進化を続けています。特に最近レイアウトに大きな変更を加えたことが米国では話題になっていたのですが、その内容からBing、そして検索エンジンの未来について読み解いていみようという記事をサーチエンジンランドから。最近のBingの動向に詳しくない人はこちらの記事を一読してからの方が理解が深まります。– SEO Japan

続きを読む

これからの検索エンジンを理解する鍵は「エンティティ」にあり

パンダ、ペンギン、警告メッセージとSEOへの対策に力を入れる最近のGoogleですが、もちろん肝心の検索技術自体もユニバーサル、ソーシャル、パーソナライゼーション、セマンティックなどなど横文字だらけで恐縮ですが進化が進んでいます。その進化の過程で、検索エンジンが情報を理解する単位もかつてのウェブサイトやウェブページからはるかに進み、さらに細分化された単位でウェブの世界を理解しようとしています。今回はそんな今後の検索技術の根底に存在する「エンティティ」の概念についてSEO by the Seaが解説した記事を。SEOに詳しい人を気取るなら必ず理解しておきたい。 — SEO Japan

続きを読む

Bingが本格リニューアルでソーシャル&Facebook連携強化

先週、Googleのウェブ検索がナレッジグラフの本格導入で大きく変わったニュースをお伝えしましたが、日本語版はまだ未対応なこともあり、イマイチ変化の実感がわかない方も多いのではないでしょうか。実は同時期にマイクロソフトのBingもウェブ検索の仕様に変更があったのです。日本では存在感が皆無ながら米国ではまだまだ頑張っているBing、Googleもその内容に注目しているはずですし、今後のGoogleの仕様に影響を与えないとも限りませんから、変更の内容位は確認しておいては。– SEO Japan

続きを読む