SMX West 2016-手動対策について、Googleの担当者が質問に答えます。

今回のセッションは非常に変わったセッションです。Googleのホアン・フェリペ・リンコン氏を迎え、手動による対策についてのディスカッションを行うセッションでした。ホアン氏の相手役はダニー・サリバン氏。前半はダニー氏からの質問についてのディスカッションを行い、後半は会場からの質問に答えていただきました。普段はなかなか聞けない内容であったため、非常に興味深かったです。こうした情報を公開してくれることで、Googleの姿勢を感じ取ることができます。– SEO Japan

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Danny Sullivan(Founding Editor, Search Engine Land, @dannysullivan)
Juan Felipe Rincon(Webmaster Outreach, Google)

*下記、ダニー・サリバン氏を”ダニー”、ホアン・フェリペ・リンコン氏を”ホアン”と表記しています。

ダニー:手動による対策は、どうやって決定しているのですか?

ホアン:相談して決定している。ソースを見ているチームがある。アンチ・アビューズ(anti abuse:反悪用)というチーム。100%ガイドラインに違反しているという感じではない。レポートによる報告もあるし、サイトの巡回で気づくことも。

ダニー:何人くらいのチームですか?

ホアン:人数は言えない。でも、大きい数。彼らは問題となっているデータソースを見ている。トラスト・アンド・セーフティに貢献している。

ダニー:そのチームメンバーには、どういった能力が必要でしょうか?

ホアン:データマイニングや、パターン認識の能力や、分析など。

ダニー:今までで最も大きな手動による対策の例は?

ホアン:サイトの大部分がハッキングされており、オーナーが投稿していないコンテンツがあり、それらがペナルティの対象となっていたことがあった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダニー:手動による対策を受けたサイトに共通していることは?

ホアン:サイト内の多くの場所でガイドラインに違反していること。手動による対策の多くは、見ればはっきりとスパムだとわかるようなもの。しかし、そうしたサイトの全てが再審査リクエストを送るわけではない。スパムの理由を推測することを、Googleはしない。

ダニー:手動による対策を受けたサイトは、SEO会社が(行ったことが)原因なのでしょうか?

ホアン:それは、サイトとSEO会社の話だろう。Googleは、ユーザーが見ているもの、を考えている。

ダニー:ペナルティの対象範囲はどうですか?

ホアン:ページ単位とサイト単位の場合で違う。ページ単位では、順位の下降(調整)が行われる。また、インデックスを止めることもある。これはサイト単位でも起こりうる。サイト単位の場合はより(そのサイトのビジネスへの)影響が大きいため、注意して行う。

ダニー:ペナルティを受けてもまだインデックスがある、といった場合もありますが?

ホアン:ランキングについては別問題で、別チームが担当している。我々はペナルティのチーム。特定のキーワードに対して、どのくらい順位を下げるか、といったことは我々にはわからない。

ダニー:ペナルティを受ける期間はどのくらいですか?

ホアン:Googleは良いページをランク外にはしたくない。手動ペナルティの期間がある。数日・数週間の場合もあれば、それ以上も。永遠ではない。また、期間が来る前に再審査リクエストが送られたら精査する。ペナルティの期間が終わってサイトを確認しても、まだ改善されていない場合は、再度ペナルティが適用される。

ダニー:スパムレポートがあっても何もおきない、ということがありますか?

ホアン:非常に多くのフィードバックをユーザーからもらっている。月に35,000ほど。そのうちの65%しかアクションを起こせていないかもしれない。アクションを起こした内の80%はスパムだ。全てのレポートが有益であるわけではない。URLが明記されていないレポートもあったりする。良いレポートをする人からのレポートは、次回から優先的に処理する。また、スパムでないけれどレポートがくる。それは、全体の20%ほどだと思う。

ダニー:再審査リクエストが頻繁に送られることは?

ホアン:4回も5回も送ってくる人がいる。そういった人たちは、原因が何かをわかっていないためだ。その場合、彼らとコミュニケーションをとれば改善される。意図的に複数回送ってくる人には出会ったことはない。

ダニー:自動アクションの対象は?

ホアン:アルゴリズムの処理は非常に公平。全体に対して処理をしている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダニー:ペナルティからの、一番最適な復活の方法とはどういったものでしょう?

ホアン:警告文が来たら、その内容に従うこと。ハッキングされているのであれば、それらを処理する。リンクの場合はリンクプロフィールをすべて見る。低品質のコンテンツは価値を追加する。

ダニー:再審査リクエストの頻度は?

ホアン:再審査リクエストは受け取った順で処理している。

ダニー:”不自然なリンク”のメッセージに、”-影響のあるリンク”という文句がついている場合とついていない場合がありますが?

ホアン:特に違いはないと思う。

ダニー:メッセージがある場合とない場合がありますが?

ホアン:メッセージがなければ手動による対策は起こらない。

ダニー:Dofollowとnofollowを設定しているサイトに違いはありますか?

ホアン:リンクはWebの仕組みにとって重要。ただ、全てのリンクがページランクに関係しているわけではない。

ダニー:手動による対策はそのドメインにずっと残るのですか?

ホアン:中古ドメインを買った場合は、サーチコンソールで確認すること。もし、そのドメインがペナルティを受けている場合は、ここで確認できる。

ダニー:かつてスパマーだった人を雇ったりしますか?

ホアン:SEO業界にいた人を雇うことはある。しかし、彼らをスパマーとは呼ばない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダニー:悪質なリンクがサンプルとして表示された場合は?

ホアン:リンクプロフィールで変更がなければ再審査には通らない。

ダニー:部分一致のペナルティへの対処方法は?

ホアン:なんらかのペナルティを受けたページがあれば、そのページは特に有益なものでないということ。どのような情報を載せれば有益となるか考えるべき。

ダニー:あるページがペナルティを受けた場合、それが原因でサイト全体がペナルティを受けますか?

ホアン:いくつかのページがペナルティを受けていれば、そのサイトは違った見方で見られるかもしれない。あまり詳しいことは言えない。(ペナルティを受けたページが)ルートに近ければ近いほど、注意すべきだろう。

ダニー:ページ単位か、サイト単位か、どうやって判断すればいいでしょうか?

ホアン:最初のメッセージに例が載っている。しかし、一般的に言って、メッセージを受けたらサイト全体を確認すべき。

ダニー:ペナルティを与えたサイトのサーチコンソールを確認し、他のサイトも見ていますか?

ホアン:手動による対策の場合は、サイトを個別(単体)で見ている。しかし、パターンを見たり、システマチックに確認はする。特定のサイトのみにスパム行為を行っている、とは考えていないだろう。

ダニー:ペナルティを受けた場合、どのくらいランキングが下降しますか?

ホアン:沢山だ。(笑)ハッキングが原因であれば、手動による対策が解除されれば、トラフィックは回復するだろう。しかし、リンクが原因の場合、価値のあるリンクを削除してしまえば、手動による対策が解除されても、元のランキングよりも低くなってしまうだろう。

手動による対策のみにトピックを絞ったセッションは初めてでした。非常に興味深い内容でしたが、スパムレポートの数と、優先的に処理をするレポートがあることは面白かったです。チームの正確な人数までは公表されませんでしたが、その中には、かつてSEO業界で働いていた人もいるようですね。おそらく、こうしたGoogleの姿勢が大幅にアップデートされることもないため、今後も定期的に開かれるかどうかは不明です。そういった意味でも、参加する意義があったセッションでありました。– SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション