今すぐダウンロードしたい7つの最新iPhone写真アプリ

iPhoneの写真アプリといえばiPhone登場当時から様々なアプリが登場し定番アプリも多々ありますが、未だに次々に写真系アプリは新たに誕生しています。今回は、最近リリースされた写真アプリの中から注目の7アプリを厳選して紹介します。一歩先行く写真アプリであなたの写真もレベルアップ? — SEO Japan

ここThe Next Webでは、私たちはiphoneography(アイフォノグラフィー = iPhoneを使った写真撮影)をこよなく愛し、iPhoneを使ってより簡単により楽しく写真を撮る技術を作り出し、それらの写真を他人と共有する様々な方法を与えてくれる新しい興味深いアプリを常に探している。

Instagramから触発されたフィルターの流行から、面白いフレームや自分の写真をクラウドにバックアップする簡単な方法まで、ここにはみんなにとってちょっとしたものがある。

ここで紹介する7つのアプリはあなたがすでに持っているアプリ貯蔵庫に追加するにふさわしく、自分のiPhoneから最大限を引き出すことができるものばかりだ。順番に特に意味はない。

Fuzel

iPhoneで撮影した写真を様々なレイアウトから選択してモンタージュを作成させてくれるアプリはかなり目にしてきた。それらのどんなアプリも0.99ドルのFuzelほどに手の込んだものはない。

このアプリには、様々な幅、アスペクト比のレイアウトが36個プリセットされていて、それらの多くは他の同様のアプリでは見たことがないものばかりだ。プリセットされたレイアウトに加え、‘カット’機能を使って自分でカスタマイズしたレイアウトを作ることもできる。空白のレイアウト(もしくは編集したいプリセット)を選択して、新しいラインをグリッドにスワイプするだけでいいのだ。

レイアウトの準備が整ったら、カメラロールもしくはその場で撮った写真を追加する。色の濃さやアウトラインの色を調整したり、17個のフレームから選んでコラージュすることもできる。

最近では、フィルターがないカメラアプリは完ぺきではないように思われるため、Fuzelに個々の写真に適用できる能力を持った18のフィルターが付属しているのには驚かない。各写真の特定の部分だけをズームすることもできるし、画像を回転させることも可能だ。

完璧にフレームを配置した写真を手にしたら、高画質バージョンでそれをギャラリーに保存するか、Eメール、Facebook、Twitter、Flickrで共有することもできる。

Fuzelは全てのアカウントにおいて優れている―その幅広いバラエティにあふれた機能から使用簡単でゴージャスなUIまで、もしあなたが真剣にiPhoneographyを考えているなら、これはあなたが写真を表示する方法にユニークで興味深いひねりを加えてくれるアプリの1つだ。

Fuzelは、毎週コンテストも開催していて、自分のFuzel作品を共有することによって300ドルのiPhoneographyキットを手にできるかもしれない。詳しいことはこのブログ記事をチェックしよう。

- Fuzel

Camera Awesome

Camera Awesomeは、なぜAppleが自分たち固有のアプリについてもう少し考えなかったのかと思わせる最新の無料アプリだ。その裏にSmugMugなどの人気写真共有サイトがあるにしても、Camara Awsomeはすでに絶賛を得て34か国のAppストアでナンバー1の地位を捕えている。iPhoneography狂にとってこのアプリが必須であることは明白なのだ。

CameraAwesomeでは、撮影の前にいくつかのオプションを選んで写真と動画を撮ることができる。このアプリには手ぶれ補正機能、セルフタイマー、フレームを完璧に設定するための4つの構図ガイド、素早く連続で撮影するためのBurstオプションがある。UIは滑らかで、私たちがCamera+のような人気アプリで目にしてきたような似たり寄ったりのクローンのようには見えない。

フィルター写真ファンは、Camera Awesomeが写真を強化するためにたくさんのプリセットフィルターやテクスチャやフレームに加えてトリミングや微調整機能がついてくることを知っても驚かない。最初の9つのプリセットフィルター、テクスチャは無料で、その後は各セットが0.99ドルだ。それはつまり、もしあなたが思い切って全ての効果を購入することを決めたなら、この無料アプリもおよそ29ドルの費用がかかることになるということだ。

Camera Awsomeにおけるフィルター導入については、私たちのお気に入りの機能の1つは、写真をスワイプして次のフィルターでどう見えるかが分かる機能だ。これが、自分の写真がどのフィルターに一番合うかを探すのを簡単にしてくれる。しかしながら、これの機能は、このアプリを全く最大限に活用することに付随する29ドルの値札で守られている。つまり、自分が使いたいフィルターをだけを購入するかどうかはあなた次第なのだ。購入する前に自分の写真でそれがどう見えるのかチェックすることもできる。

画像の準備が整ったら、このアプリから自動的に直接Facebook、Twitter、Flickr、Picasa、Photobucketに共有することができ、動画はYouTubeにアップロードが可能だ。さらに、もちろん、写真はSmugMugアカウントにも共有でき、自動クラウドアップデート機能がこのサービスにはついている。

- Camera Awesome

Kicksend

私たちはすでに無料アプリKicksendを取り上げたことがある。これは、自分のiPhoneから複数の写真を友人と共有するのを簡単にするアプリであり、このアプリなしに最新の写真アプリを語ることはできない。

自分の携帯電話から友達に複数の写真を送ろうとしたことがある人ならだれでも、一つ一つのアイテムを並べなければいけない面倒さもしくはDroboxのようなサービスを使ってなんとかしのぐことを知っている。Kicksendがあれば、あなたは最大30枚までの写真を同時に友達に送ることができるのだ。これでプロセスはかつてないほどに簡単になる。

あなたが心に留めておくべき制約がいくつかある。写真を受け取るには、あなたの友達もKicksendのアカウントにサインアップしなければならないのだ。だからと言って、彼らがそのアプリを持っている必要はない。Kicksendはウェブサイトデスクトップアプリ(MacおよびWindowsベータ版でも利用可能)からもアクセスできるし、私たちがCEOのPradeep Elankumaranと話した時には、アンドロイド版も現在進行中であると言っていた。

無料アカウントでは毎月1GBの使用が可能で、有料アップグレードもできる。Dropboxのようなサービスで見てきたように、デスクトップアプリのダウンロードや友達にこのサービスにサインアップしてもらうことなどの特定のタスクを実施することによって追加容量を獲得することができる。

- Kicksend

oSnap

Siriに写真を撮るように伝えることができたらいいのにと思ったことは?今、それができるのだ。ある意味で。ちょっとしたからくりはあるかもしれないが、oSnapは確実に特筆に値する。この音声駆動アプリがあれば、あなたは‘Shoot’、‘Cheese’、‘Snap’と言うだけで写真を撮ることができるのだ。自分の声を使って写真を撮ることができるだけでなく、‘Switch’や‘Flip’と言ってカメラの前後を切り替えたり、‘Flash on’や‘Flash off’と言ってフラッシュのオンオフをすることもできるのだ。

このアプリには特別なものがついている―マイクのついた小さなボタンがあって、それは何もしないように思われる―少なくとも私たちはそれをどうするのか知らない。

もしAppleが音量ボタンを使って写真を撮るという選択肢をすでに紹介していなかったなら、このアプリは、私たちがかつてカメラのボタンを押すためにしなければならなかった指のアクロバティックの完璧なソリューションになっていただろう。どちらにせよ、友達と一緒に遊んだり見せびらかしたりするのに楽しいアプリだ。

- oSnap

GroupShot

これもまた以前に取り上げたことのあるアプリだが、確実にもう一度触れておく価値があるのがこのGroupShotなのだ。このアプリは、あなたの写真を操作して小さな魔法を作ることとなると、私たちが見てきたなかでダントツのトップだ。フィルターや微調整機能について言っているのではない。もしあなたが友人や家族のグル―プ写真を何回かとって、同時に全員が笑っているものがないとき、その時こそがGroupShotの出番だ。

この0.99ドルのアプリがあれば、何回か写真を撮ったときには、あなたは指を鳴らして、邪魔なものを消したり、人の顔を交換したりして、瞬きしたり、カメラから目をそらしたり、変な顔をしている人がいないようにすることができる。

0.99ドルでアプリをゲットしたいなら、今すぐに買うことだ。価格はそのうちに1.99ドルになる予定だ。

- GroupShot

Pinweel

Kicksendは、複数の写真を友達に送るのを簡単にするが、Pinweelは、iPhone写真を他人に共有することに関してわずかに異なるオプションを提供している。個々に送信するというより、Pinweelはグループの人たちがグループのアルバムを見たり貢献したりするのを可能にしているのだ。

無料アカウントへの登録後、あなたはプライベートもしくはパブリックグループアルバムを作成することができ、友人をそのアルバムに招待すると、彼らはそれを見ることもできるし、貢献することもできるのだ。写真はカメラロールからPinweelに追加されるか、アプリ自体から写真を撮ることもできる。そして、なんと、Piweelにもフィルターはある。

Pinweelに写真をアップロードする時に、希望すれば、自分のFacebookの友達とTwitterのフォロワーに自動的に共有することもできる。

あなたの友達がアルバムに貢献し始めると、あなたはその写真にコメントをすることができるし、誰がアップロードしたのか一目で分かる。

Pinweelは素晴らしいコンセプトで、1つの場所で行われる1つのパーティ、コンサート、イベントから全てのiPhone写真を獲得するのがかつてないほど簡単になっている。とは言うものの、グループ共有のコンセプトを全く別のレベルに連れて行くことを考えれば、他のプラットフォームをサポートしないのは残念である。

- Pinweel

Everpix

Everpixは、あなたの写真を様々なデバイスとサイトにわたって簡単に同期させてくれる優れたアプリだ。

無料アカウントへの登録後、自分のカメラロールとEverpixを同期するオプションをチェックしたら、完了だ。このアプリは、写真をあなたの携帯電話、クラウド、オプションとしてデスクトップのMacに同期し続ける―つまり、もし写真が一か所で削除されると、他の場所からも同じように消えるということだ。写真は自動的に年で分類されたアルバムの中に置かれ、Everpixからのどんな写真もFacebookやTwitterに簡単に共有することができる。

Everpixは、ユーザーにMacアップローダーも提供していて、Everpixのウェブサイトを介して、全ての写真をFacebook、Instagram、Flickr、Picasaアカウントに自動インポートすることもできるため、様々なデバイスやアカウントに散らばっている全ての写真のための究極のクラウドバックアップサービスにもなっているのだ。

もし一つ機能をリクエストするとしたら、iPhoneアプリ上で3G経由で同期を無効にする能力かもしれない。

Everpixは現在パブリックデータ版にあるため、このサービスは完全無料になっている。ベータが出れば、無料と有料のサブスクリプションが提供されるようになるだろう。

- Everpix

あなたお勧めの新しい優れたiPhone写真アプリはあるだろうか?コメント欄で教えてほしい。

もっと知りたい人は、The 30 best photography apps for iPhoneを読もう。

ソース: 画像クレジット/PhotoJojo


この記事は、The Next Webに掲載された「7 new iPhone photography apps that you should download now」を翻訳した内容です。

しかし色々なアプリが出てきますね。。。流石に新興アプリだけあり、一筋縄ではいかない?様々な工夫が施されています。写真だけに英語アプリでも問題なく使えるものが大半と思いますし、気になるアプリがあれば是非ダウンロードしてみてください。ちなみに昨年、携帯カメラで信じられないほど素晴らしい写真を撮影する方法という記事を紹介した所、1200ツイート&はてブ越えの人気になったのですが、さてこの記事はどれだけ人気が出るでしょうか。 — SEO Japan

投稿ナビゲーション