グル―ポン系サービスの現状が一枚の絵でわかるインフォグラフィック

インターネット業界で最近、旬なビジネスといえば「ソーシャルアプリ」、そして「グル―ポン系サービス」の2つであることに疑問をはさむ人は少ないでしょう。後者は米国では大ブレイク中で、日本でも続々サービスが大手からベンチャーまで登場中ですが、今回一歩先を行く米国のグル―ポン系サービスの現状をSEO Japan自らインフォグラフィックにまとめてみました。 — SEO Japan

このグル―ポン系サービス、定義は人によって多少変わるのでしょうが、ざっくりいえば、期間限定、数量限定でクーポンを販売するサービスです。一定の人数が集まらないとクーポンが購入できない仕組み等もあり、ビジネスモデル自体は日本でも早くからネットプライスさんなどが取り組んでいた「共同購入」型のサービスにかなり類似しています。

目新しい点でいえば、多くのグル―ポン系サービスが「1日限定」であることで、毎日新しいクーポンを配信していることでしょうか。毎日違ったクーポンを配信して成り立つのが流石ツイッターやSNSの口コミで一瞬に情報が拡がるソーシャルウェブ時代ならではというところでしょうか。それ故、英語圏では、この種のサービスを総称して「Daily Deal Service」(デイリーディールサービス)と呼ばれることが多いようです。日本ではこの名称がいまいち馴染みにくいのと、先駆者のグル―ポンが有名になりすぎたせいか、「グル―ポン系サービス」といわれることが多いようです。中には「グル―ポン」をサービス名ではなくビジネスモデルの名前と勘違いしている人も多いようですが。。。ある意味スゴイことですが。

米国ではグル―ポンが数百億の売上を上げるなど大ブレイク中、また参入障壁が一見低そうなビジネスであることから、日本でもkauponやpikuなどのベンチャー企業はもちろん、前述のネットプライスさんやリクルートさんさんなどの大手もこぞって参入。まだ各社スタート地点に立ったばかりという感じで、実際にどれほどのビジネスに成長するのか、どこが生き残るかは全くこれからの状況ですが、さてさて数年後にどの企業・サービスが勝ち残っているのでしょうか?意外と勝敗がつくのは早そうですけどね。

さて今回、日本のグル―ポン系サービスはまだ売上も対して立っていない企業がほとんどで、インフォグラフィックを作ろうにも作れない状況ですし、日本の将来を占う上で多少に参考になるのではということで、米国のグル―ポン系サービスをインフォグラフィックにしてみました。

名付けて「グル―ポン系サービスの現状が一枚の絵でわかるインフォグラフィック」。米国の主要グル―ポン系サービスや新興勢力のトラフィックや米国市場での展開状況に加え、日本市場でも参考になるようなグル―ポン系サービスの仕組みやビジネスモデルの分析に参考になる指標等も落とし込んでみました。ご自由にダウンロードして楽しんでいただければと思います。

ちなみに、一枚の絵って、縦に長すぎるだろ!という突っ込みは甘んじてお受けしますm(_ _)m

[画像をクリックすると少し大きめの画像が表示されます]

グル―ポンのインフォグラフィック

先日、SEO Japanが同じく運営するブログヘラルドで「ツイッターの歴史と現状が一枚の絵でわかるインフォグラフィック」という記事を紹介し、それなりに話題になったのをご存じの方も多いと思いますが、実はこれは日本語版・英語版含めてSEO Japanがブログヘラルドに企画提案して実現したインフォグラフィックでした。日本ではウェブのインフォグラフィックはまだまだ数少ないですが今後定期的に気になるネタをインフォグラフィックで提供していく予定です。大変なので一カ月に1回程度だと思いますが。。。ちなみに言い訳ですが今回のインフォグラフィックは前回のツイッターほど時間が無かったので前回ほどの作り込みはできていませんが、次回はもっと頑張りたいと思います! — SEO Japan

インフォグラフィックスをソーシャルメディアマーケティングに活用するなら。

インフォグラフィックス

Page Top

投稿ナビゲーション